癒しの大樹に逢いに行く
神秘のししのくらの森探索

ブナ巨樹を見上げる2人の女性

ABOUT

奥胎内エリアに存在する胴回り約7メートルにもなる巨大な2本のブナの異形樹。この大樹は2本それぞれが日本最大級の幹周りであることが確認されています。

​​ガイド付きの散策もできますご希望の方は
ページ下部のガイド申込フォームへ!

INFO

巨大異形樹があるのは、胎内市の奥胎内エリアの「ししのくらの森」。スキー場からヒュッテへ向かう途中の県道53号線の、「風倉トンネル」手前にあります。
道路脇に車を停めるスペースもあるので、自家用車でのアクセスが一番便利だと思います

googleマップはこちらhttps://goo.gl/maps/i5jjT91jjkq

樹肌に蒸した苔

車を停め、いよいよ森へとエントリー。若干急な上り坂などがある道を5分ほど歩きます。あまり人も入っていないため、道は木々に覆われている部分も多い印象。深い森の中、頭上をトンネルのように木々が覆う道を歩きます。雨上がりなど、タイミングによってはヤマビルが多いこともあります。アウトドア用品店などで市販されているヒル除けのスプレーなどを携行していくと安心。また、長袖長ズボンに歩きやすい靴を用意しておくといいですね。できれば長靴が良いかもしれません。

ししのくらの森を散策する女性

巨大異形樹周辺には人の手により、杉が植生されているポイントもあります。

異形樹は江戸時代から地域住民らの手により薪・炭などの原料として活用されてきた歴史を有しています。通常は根から1本で立ち上がる印象のあるブナ。ブナは幼木の頃に枝を落とすとそこから太い幹が生え、1本の根から複数の太い幹が立ち上がる習性があります。この習性をかつての地域住民は活用し、1本のブナから多量の木材を収穫していたとのこと。

ブナ巨樹と2人の女性

日にち

  • ご自由に散策ください(冬季間は雪により通行止めとなります)。

  • ​2022年は4月下旬~道路開通予定

  • ​ガイドをご希望の方はページ下部からお申込みください。

場所

胎内スキー場から奥胎内ヒュッテへ向かう県道53線沿い、風倉トンネル手前

​地図はこちら(googleマップ)

注意事項

草木が生い茂っています。長袖・長ズボン・歩きやすい靴又は長靴での散策をおすすめします。

​雨上がりなどにはヤマビルが現れることがありますが、市販のヒル除けスプレーなどをお使いいただければ安全に散策していだけます。

入場料

無料

​散策ガイド:2,000円/1人(​2名様以上から受入ます。)

問い合せ

MURA-ASOBI

TEL:050-5372-8809

​MAIL:muraasobi.tainai@gmail.com