TOPIC

© 特定非営利活動法人ヨリシロ

Proudly created with Wix.com

  • White Facebook Icon

山の民の暮らしを体感!サイノカミと大雪原カンジキ雪中行軍

ABOUT

人の背丈ほどの雪に覆われる胎内市山間部の集落。この地域の各集落では、毎年初頭に、1年の無病息災を祈念する「サイノカミ」という行事を開催します。集落の皆さんと一緒に1年の無病息災を祈念しつつ、お餅、豚汁、するめなどのふるまいをいただきます。
サイノカミのあとはかんじき雪中行軍。この地域のご家庭では、ご先祖さまの代から「かんじき」が受け継がれています。このかんじきを使用して雪に覆われた里山の大雪原を散策します。

INFO

まずは「鼓岡集落」で開催される「サイノカミ」に参加。集落のみなさんと交流しつつ、1年間の無病息災を祈念。自分で焼いたスルメのほか、お餅、豚汁、などのふるまいをいただきます。

あったかいムラのふるまいをいただいた後は、かんじき雪中行軍。

雪中行軍には胎内市山間部の集落でご先祖さまの代から長年受け継がれているカンジキを使用します。このかんじきを使用することで、1m以上降り積もった雪の上でも埋まることなく、歩行できます。

かんじきを履いて歩くのは、胎内市熱田坂集落付近の「縄文の清水」という史跡付近。山間の田んぼのど真ん中にあるので、見渡す限り雪原が広がり、さらにその先には雪を冠した美しい飯豊の山々が。

天候に恵まれれば息をのむほどの銀世界に囲まれ、360°全てが撮影スポットに。まさに絶景です。

前回同様のプログラムを開催した際のレポートもごらんください!↓↓↓

日にち

令和2年2月9日 日曜日

集合場所

鼓岡地区担い手センター​(地図)​

定員

30人(最小催行人数5人)

もちもの

防寒具、長靴・冬用トレッキングシューズなど

かんじきは主催者側でも用意しますが、ご自身がお持ちのものをご使用いただくこともできます。

​スケジュール

  • 10:20集合・受付後、サイノカミ会場まで徒歩で移動

  • 10:30サイノカミ会場到着。行事に参加。豚汁、するめなどをいただきます。

  • 12:30頃雪中行軍開始。カンジキを履いて冬の里山を散策

  • 14:30頃解散​​

参加費

2,000円(当日現金にて申し受けます)

キャンセル料

  • 2月8日土曜日午前中まで:無料

  • 2月8日土曜日午後以降:参加費の50%

  • ​当日無連絡:参加費の100%

注意事項

  • 内容は計画中のものであり、変更になる場合があります。

  • ​豪雪・吹雪等の荒天により中止となる場合があります。その場合は当日の朝7時にメールにて連絡いたします。

申込・問合せ

​​このページ内の申し込みフォームから2月6日木曜日までにお申し込みください。

MURA-ASOBI事務局

​Tel:090-7184-4536

Mail:muraasobi.tainai@gmail.com